• 投稿日:2016.7.4  最終更新日:2016.8.19
  • 子供が突然の発熱2 はコメントを受け付けていません。

子供が突然の発熱2


またまた、突然の発熱。

この1カ月位ずっと、病気と闘ってる気がします。この間も突然の発熱でびっくりして結果手足口病でした。まだ2週間も経たないのに突然の熱。夏風邪を引いたようです。熱についてまたまた注目してみました。

高熱は2~3日でさがります。長引くようなら要注意

高熱は、2〜3日でさがり4〜5日では、平熱になる。高熱が3日以上続く場合は、他の病院の可能性を疑いましょう。インフルエンザなどの流行性の病気にかかっている可能性があります。

熱が上がったり下がったりするのはなぜ?

小さな赤ちゃん(1~2歳)は普通の風邪の場合でも、熱が下がったと思ってもまた上がるという事はある事です。ですが、はしかやインフルエンザなどのウイルス性の病気は熱のぶり返しがよくあるので注意が必要です。

歯の生え始めに高熱が出るという事はありません。

歯の生え始めは歯ぐきがはれ、微熱が出る場合があるが高熱が出ることはない。歯の生え始めに高熱が出たら他の病気を疑いましょう。

38度を超える熱が出ている時のお風呂はNG

微熱で体調がいい場合は体力を消耗しない程度の入浴はOKです。湯冷めをしたりなどをしないように髪を洗った場合はきちんと乾かし、体もよく拭いてください。

高熱が続き病院へ行く時は状況をきちんと伝えよう

高熱が通常より長く続く場合は、ウイルス性の病気である場合があります。お医者へきちんと現在の状況を伝え診断してもらいましょう。初めて熱が出た日時と温度、その日食べた物や量。便や尿の状態や回数(出ているかも含め)、咳や鼻水、嘔吐があるかなどを時系列で伝えると判断材料の一つになるでしょう。

発熱時の水分補給は重要。

発熱時は体の水分が奪われます。水分不足だと、体が思うように動かずぐったりとしてしまいます。一気にたくさんの水分を与えるのではなく、こまめに水分をあげましょう。一気にあげても体全体には行きわたらず、尿として出ていってしまいます。

食欲が無い時は人参やかぼちゃのスープで栄養補給

離乳食を始めたばかりであれば、粉ミルクや母乳で栄養を補給するようにし、離乳食の中期以降であれば人参やかぼちゃなどビタミンの多い野菜をスープにするなど、さらっと飲みやすい状態にしてあげるようにしましょう。喉が痛い場合なども飲みやすいので飲んでくれます。

食べたい物をあげるのも一つの手段

熱が出て気分が悪い時などは、親が消化のよい物を食べさせようとしても、絶対に食べてくれない場合があります。そんな時はお菓子だろうが食べてくれそうな物は何でも食べさせます。食べないと力も出ないし元気もでません。幼児用のお菓子だけは食べてくれるというケースが結構あります。消化に良い物をあげないといけないという考えに囚われて、何も食べずに栄養不良になって点滴という結果になりかねません。

おわりに

熱が続くと本当に心配ですよね。心配や不安の中、赤ちゃんを観察するのも一苦労です。とにかく記録する事が大事です。上記にも書いたように、赤ちゃんの状況(体温や食欲など)をとりあえず紙に書いてみましょう。赤ちゃんの水分補給をしっかりしながら、熱がさがるまで見守ってください。何度も熱を経験していくうちに抗体が出来て、強い体を作っていくのです。これも成長の過程で必要な事!落ち着いて対処しましょう。


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。