芋シフォンのお共にお芋クリーム。母が大絶賛。


芋クリームが大好評。モンブラン好きな人におすすめ

昨日紹介した、謎の芋のシフォンのお共に「お芋クリーム」を作りました。モンブラン好きの母から大好評。くりは高いし沖縄ではお取り寄せしないと手に入らないので、これは秋の定番にしようかな。

作り方

今回は途中までシフォンケーキに入れる芋と同じ作り方なので合わせてつくりました%e3%81%8a%e8%8a%8b%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

  1. 芋を小さめに切って鍋に入れ水を入れる。芋が全部浸かる位の高さよりも1~2センチ多めに入れてゆでる
  2. 木べらで潰れる位の固さになっていたら、木べらである程度滑らかになるまで混ぜる。水分が抜けすぎてパサパサにならないように、弱火で練る感じ。
  3. グラニュー糖を入れて混ぜる。熱ですぐに溶ける。
  4. 火を止めて、バターを入れて混ぜる。
  5. バターが溶けたら生クリームを少量ずつなじむように入れ混ぜる。
  6. ラム酒を入れ混ぜる。
  7. 裏ごしして完成。 ※今回はシフォンケーキに入れる芋と一緒に途中までは作成(2まではシフォンの芋と作り方は一緒)

少々甘めの仕上がりなので、お芋の甘さをみてグラニュー糖を加減してください。今回は生クリームは乳脂肪分45%の物を使いました。

お芋の水分を飛ばし過ぎると絞り辛い芋クリーム

芋を茹でる時に、水分を飛ばし過ぎてパサパサにすると生クリーム等を足しても、絞り袋に入れる時に固くて絞り辛くなります。

そうなってしまった場合は、分量外の生クリームに砂糖おを好みで混ぜて、泡立ててから芋クリームと混ぜると口当たりが滑らかなクリームになります。面倒な場合は、生クリームをそのまま混ぜてもOK

モンブラン口金で絞らない場合は、そんなに固さを気にする事はないですけど。

甘めの芋クリームと生クリームをシフォンにサンド。

もっときれいに仕上がってたのに、写真がない!!ショック。今回は、甘さ控えめの生クリームを別立てして、シフォンに挟んでから上から、芋クリームを絞りました。

モンブラン嫌いな私には重いクリームだと思いましたが、モンブラン好きな皆さまからは絶賛の嵐。

終わりに

img_8593

いつもは、シンプルにシフォンだけを食べるのですが、食べる側の皆さまは付け合わせがあると、どうやらテンションが上がるようです。

ほぼ味は紅芋なので紅芋でも今度作ってみよう。見た目もほぼ紅芋ですよね。↑の写真が今回使った芋です


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。