• 投稿日:2016.12.1  最終更新日:2016.12.2
  • ほうれん草のちぎりパン 拒否から一転、パクパク食べる はコメントを受け付けていません。

ほうれん草のちぎりパン 拒否から一転、パクパク食べる

ほうれん草 ちぎりパン

 

野菜不足を少しでも補いたいので、ほうれん草パン。

とうとう12月になりました。今年も残すところ後1ヶ月。ラスト1ヶ月は色々挑戦しようと意気込んでおります。そんなこんなで、12月の1発目はほうれん草のパンを作る事にしました。

ほうれん草を貰ったので、ほうれん草のシフォンケーキも作ろうかと考え中。

作り方

私がいつもお世話になっているレシピを参考に、ほうれん草パンを作りました。

材料や、作り方はちょっと違います。

強力粉250g、砂糖30g、塩3g、ドライイースト3g、バター20g、豆乳175g、ほうれん草のペースト50g

手順

  1. ほうれん草を茹でて水けを絞る。
  2. ミキサーにほうれん草と豆乳を入れ混ぜる。今回はほうれん草140gに豆乳が10gで作成。出来上がった中から、50gを使用しました。
  3. バターとほうれん草以外の材料を全部入れてこねる。少し材料がなじんだらほうれん草を入れみる。img_8631
  4. ある程度こねあがったら、バターを入れ再度こねる。手捏ねの場合、指の腹で生地を伸ばしてみて、シッカリ伸びて透けるくらいが目やす。
  5. 生地を丸め、ボウル等に霧吹きをしてラップし、野菜室で8時間位は寝かす。(今回は9時間寝かせました)1次発酵 ほうれん草ちぎりパンほうれん草ちぎりパン 1次発酵後
  6. 8時間経過したら、常温で30分放置します。
  7. ガス抜きをして、16個に丸めベンチタイム20分
  8. ガス抜きをし、型に入れて2次発酵(私は、オーブン機能の35度で50分発酵しました)img_8627img_8626
  9. 170度で15分焼いて完成。

鮮やかなグリーンに娘が拒否

最近は、見た目が嫌だと首を振っ拒否します。無理やり一口食べさせると、一瞬嫌~な顔をしましたが・・・その後は、ちょうだいポーズの連続。美味しいようでパクパク食べてくれました。

そんなに大量にほうれん草が摂取できる訳ではありませんが、すこーしでも栄養は栄養!食べてくれてよかった。

イーストは2gでも大丈夫かも?

今回は過発酵気味?なように感じたので、次回は2gに変更してみます。冷蔵庫で発酵する場合インスタントのドライイーストなら、粉に対して0.8%~1%が目安のようなので、2gでも大丈夫という事になります。img_8628

写真で見えるか分かりませんが、ベンチタイム前にガス抜きをする時に、手にベタベタとついて丸めるのが大変だった。つるっとした表面になってないです。もう少し豆乳も減らしてみようかな。

夜に仕込んで、朝焼く

「夜仕込んで朝焼くと楽」というのをよく聞いてはいたのですが、本当に楽ですね。子供が寝てから仕込みだけすれば良いので、まとまった時間がなくても焼けます。

パンに対するハードルが低くなったような気がします。

終わりに

パンを焼くのは素人すぎて無知ですが、上達する為に沢山焼きたいのですが私には、ちょっと長時間を要するのでハードルが高かったのですが、夜仕込んで朝焼くのであれば私でも沢山焼く事が出来ます。

綺麗な色が出るのでほうれん草パンおすすめです。


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。