1歳11ヶ月 今更ハマってる。アンパンマンNEWまるまるパズル


1歳1ヶ月に購入したのに、今更その楽しさが分かったらしい。

購入して数日は遊びましたが、それから長い間放置していた「アンパンマンNEWまるまるパズル」に、この数日ハマっている娘。同じようなおもちゃを別に持っているのですが、そのおもちゃと比べて明らかに、優秀なのでそれを含めてご紹介したいと思います。

アンパンマンNEWまるまるパズルはこんなおもちゃです。

△なら△の穴にブロックを入れるという単純明快なブロックパズル。私の子供の頃にもアンパンマンではなかったものの、同様のおもちゃがあり、大好きだったのを覚えています。子供が好きな物は時代を超えてもあまり変わらないのですね。

おすすめポイント

  • ブロックと穴の場所が同じ色になっているので、分かりやすい
  • 色の勉強にもなる
  • 簡単な形のブロックなので、入れやすい
  • 本体が丸いので、探しやすい
  • 値段が安い

マイナスポイント

  • 蓋が外れやすい(上の画像のアンパンマンの黄色い部分)ので、遊んでる途中で外してしまい私が何度も直す羽目。(面倒)
  • 本体が丸いのでボールと同じと思い投げられてしまう
  • 投げたり、本体を回したりすると結構うるさい

同様のおもちゃを持っているのですが、最初はハードルが高すぎる

上記のおもちゃも同様に穴にブロックを入れるおもちゃなのですが、月齢が小さい子供や、同様のおもちゃで遊んでいない子供には不向きです。アンパンマンNEWまるまるパズルと比較して、アンパンマンが優秀だなと感じた部分を含めご紹介します。

  • 本体が鞄型になっていて、表と裏に穴が分かれている為、初心者の子供は片面だけを見て入れる穴がないと怒る。アンパンマンは球体なので、見えやすく子供が気づきやすい。
  • ブロックの形が複雑で入れづらい。(特に数字)アンパンマンは形が単純で分かりやすい
  • 穴とブロックの色がバラバラなので、分かり辛い。アンパンマンの場合は、ブロックと穴が同じ色なのでそれがヒントになり、子供が探しやすい。

アンパンマンブロックに慣れた現在は、このおもちゃでも同様に楽しく遊んでいます。アンパンマンよりコンパクトなので、その点は助かっています。2歳位に買うのであればこちらでも良いとは思います。

どうやら、達成感が癖になるようです。

1歳になった娘に買い与えたのですが、その頃の娘は、なかなか穴を見つけられずイライラして投げてばかりでした。

今は、ものの1分で完了するので、達成感があって面白いようです。最後の穴にブロックを入れると、大きな声で「できたー!」と喜んで終了します。

終わりのある遊びは達成感を味わう事が出来るのでおすすめ

ちょっと、話しがずれるようでもありますが、今回紹介している、アンパンマンNEWまるまるパズルも、以前に紹介した「コップかさね」もそうですが、幼い頃から達成感を味わうのは子供の脳に下記のような良い影響があるようですよ。

  • 集中力が養われる
  • 自己肯定感が強くなる
  • 色んな事に挑戦する力がつく

お父さんと子供のコミュニケーションにも終わりのある遊びは最適

我が家では、パズルも取り入れているのですが「終わりのある遊び」は父親とのコミュニケーションにも多いに役に立ちます。仕事で疲れて帰ってきたお父さんは、きっと子供と遊ぶのは面倒だと思う事もあるでしょう。ですが、子供はお父さんと遊びたいので、かまって攻撃をしてきます(うちの場合はそうです)その時に、ブロックなどの終わりが見えない遊びだと、父親は永遠に遊びに付き合う事になります。

終わりの見える遊びであれば、父親自身も終わりが見えるのでイライラせずに遊んであげる事が出来るし、「子供もお父さんと1回遊んでもらった」という満足感が得られます。(うちの場合はこれでうまくいっていますよ)

それなので、アンパンマンNEWまるまるパズルは、父子のコミュニケーションにおいても、おすすめの遊びの1つと言えます。

終わりに

おもちゃ自体も高くはない上に、遊ぶ頻度が多いのでコストパフォーマンスはばっちりだと思います。甥っ子や友達の子が遊びにきても、必ずこのおもちゃで1度は遊ぶので、1歳の誕生日プレゼントやちょっとしたプレゼントに最適なおもちゃだなと思っています。アンパンマン以外にも同様のタイプのおもちゃが沢山出ているので、他のおもちゃを含め検討してみてはいかがでしょうか。

 


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。