• 投稿日:2016.7.26
  • 妊娠中にしておけばよかった・・・と後悔した事。 はコメントを受け付けていません。

妊娠中にしておけばよかった・・・と後悔した事。


今更ながら、妊娠中にしておけばよかったと思う事が多い。

最近になって余裕ができたのか、「あの時やればよかったな~」なんて思ったり、「こんな事、思いつかなかった!」と思ったりします。今妊娠中の方の参考になればうれしいです。

勉強しておけばよかった!

あまりにも知識がなさ過ぎたなと今更ながら後悔しています。

1.母乳育児や母乳の出について。

搾乳だけでは母乳量が減っていく事や、最初の2週間が重要だという事も知らず母乳育児に失敗してしまった。

2.乳児がぐずった時などの対応について

生後2週間頃の夜中に娘が大泣きして30分位止まらず、病院に連絡したりして大騒ぎ。結局母があやしたら瞬間に泣き止みました。部屋を替えたり、洋服を脱がすなど対処法が沢山あるのに勉強不足で焦って何もできなかった。

3.離乳食について

離乳食については、ゆっくり勉強すればいいと思っていたけど、子供が生まれてからはゆっくり勉強する余裕がなかった。今になって振り返ると、野菜などもあげる順番をはじめから計画的に決めている方が、悩まずに済んだと後悔。

写真を撮ればよかった

1.マタニティーフォト

マタニティフォトはお腹を出して必ず撮ると思っていたので、恥ずかしくて撮りませんでした。お腹を出さないでも撮れるものがあるので、とればよかったと後悔。

2.毎月同じ場所で写真を撮る

お腹が大きくなってからの写真は複数枚ありますが、大きくなる過程が分かる写真を残しておくべきでした。エコー写真と並べてアルバムにすると分かりやすくて面白いのになぁと今更思います。同じ服で撮ると更にわかりやすくて良いのでは。

部屋の模様替えや断捨離

大量の食器や大物の運動器具TVゲームのソフトなど、子供が居たら危ないであろう物が散乱していました。入院していた事もありまったく片付けが出来ていませんでした。少しづつでも旦那さんに片付けさせておけばよかったと反省。

内祝いを選んでおく事

産後に疲れている中で、内祝いを選ぶのはかなりストレスになりました。どの位のストレスだったかというと、「お祝い要らない!」と思った程。親戚や友達や同僚など、みんなに同じ物をあげるわけでもないので大変でした。ある程度決めておけば楽。

学資保険を決める

妊娠中に加入できる会社もあります。早く入る方が金額も安くなるので、妊娠中に選んで産後すぐもしくは、妊娠中に入ると産後の面倒が軽減されます。

旦那さんに家事の訓練を

里帰り出産して至れりつくせりだったとしても、いつかは自分の家に帰らなければいけません。赤ちゃんの夜泣きもすごいのに、家事もしないといけないと思うとかなりのストレスになります。少しでも旦那さんが家の事をできるようになっていてくれると助かります。産前からトイレ掃除を旦那さんの仕事にしておけばよかったと後悔。

子連れでは行けない所でごはんを食べる。

ホテルのランチやディナー、オシャレなカフェなどは子連れではいけません。子連れOKでも子供を連れていくのはなかなか大変。妊娠中に行きたかったな。

自分の趣味に没頭する

赤ちゃんとの生活では、自分の趣味の時間が大幅に削られます。妊娠中に思いっきり趣味を楽しむべき!

おわりに

最近は「何であの時、時間あったのにやらなかったんだろう」と思う事が多々あります。切迫早産や切迫流産で入院していた期間が長かったのですが、入院中でも色々できたのになと後悔しています。気持ちがふさぎ込んでいてあまり充実した入院生活を送れずにいました。入院している妊婦さんも、普通の生活をしている妊婦さんも今しかない時間を楽しんでください!


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。