妊娠糖尿病~管理入院中、血糖値を下げる為にした事


血糖値を下げる為、やってよかった事と後悔した事

妊娠糖尿病の管理入院中に、いかに血糖値を下げるかを考えてネットサーフィンを、暇さえあればやっていました。

色々試してみて、効果があったと思った事や結果的にやらなければ・・・とかなり後悔した事等を今回は書いてみたいと思います。

管理入院中だけ、血糖値を下げても意味はない!子供を無事に出産する為の管理入院である事を忘れがちなるので、その点は注意してくださいね。

妊娠糖尿病の管理入院について書いた記事もご興味があればどうぞ

妊娠糖尿病と判断されたら~まずは管理入院が待ってます
妊娠糖尿病の管理入院は緊張の連続妊娠糖尿病が確定すると、恐怖で悲しみに襲われて「私の妊娠生活はこれからどうなるの?」「私の子供は大丈夫なの?」「インスリンっ...

 

効果はあるけど、やり過ぎると怖いウォーキングに後悔

娘を妊娠した時に、12週頃に管理入院をする事になりました。管理入院1日目の昼食後の血糖値が130を超えている事に動揺して、ネットサーフィンし見つけたのが、食後30分を経過してからウォーキングを1時間する事でした。

早速、お昼の後から暇さえあれば院内を歩いていました。その頃は12週なのでお腹も出ておらずツワリも落ち着きはじめていたので、早歩きで両手を振って、よりカロリーを消費する事を意識してじんわり汗をかく感じで歩いていました。

今思えば、この行為が後の切迫流産の原因になったと思っています。歩き過ぎで子宮頸管も下がり管理入院自体は2泊3日で退院は出来ましたが、退院した夜に出血して切迫流産で入院する事になってしまいました。

もしウォーキングするのであれば、散歩感覚でゆっくり歩く事をおすすめします。後期に妊娠糖尿病と診断されたのであれば、ある程度は歩いても大丈夫かなとは思いますが、先生に確認をとってから歩く事をおすすめします。

歩く事で血糖値が下がったのは確かなので、今回の妊娠の時にもウォーキングをしましたが、ゆっくり30分だけ歩きました。

  スポンサーリンク

夕食後30分経過したら、お風呂やシャワーに入ると効果的

お風呂に入る事でカロリーを消費しやすく、体が温まるからなのか夕食後30分に必ずお風呂に入っていました。これは結構効果があると思うので、おすすめです。

食後すぐに入るのではなく、30分は経過してから入るのがポイントです。すぐに入ると逆に血糖値が上昇する人も中にはいるようです。

血糖値が下がるか不安だけど、体に負担がかけられない時にやった事

あまりウォーキングをして切迫になるのが怖かったので、暇な時はベッドの上でストレッチをしたり、ふくらはぎをマッサージしてました。

あとは、ベッドの横に立って、両足のかかとの上げ下げ運動をやってふくらはぎの血流を良くすると血糖値が下がりやすいと聞いた事があったので。結構効果があったように思います。

出される食事の量に疑問を感じたら先生に確認してみて!

ウォーキング等ももちろん効果はあると思いますが、実は血糖値が安定した理由は、お米の量を減らして分食にしたからなんです。分食にしてもお米は多少残してました。

1度目の入院の初日にツワリがひどい中、看護師さんから「出された分は全て残さず食べてください」と言われていたので、苦しい中全部食べました。お米は200gもありました。

妊娠前に内科に通っていた私は、1回に80gしかお米は食べないよう言われていました。そんな生活をしていたのに、突然食べろと言われて200gも食べさせられて、当たり前に血糖値が上がりますよね。140を超えた血糖値に泣きそうになっていました。

本当にこんなに吐きそうな程ご飯を食べる必要があるのか疑問になり、先生が来た時に、普段の食事の量やご飯の量、内科で80gしか食べるなと言われていて、そんな生活をしていた事等を話しました。

先生が「普段位の量だけ食べてくれればいいよ、普段よりも膨大な量を食べて血糖値を測定しても意味がないから」と言ってくれたので、お米を残す事ができました。

それから、分食になり、昼ご飯の後(2時間後)と夕食の後(2時間後)におやつを摂取する事になり、お米の量が200gではなくなりました。おやつにして分食にしてカロリーは規定量摂取するという方法に変更になったという訳です。

ご飯を普段通りに食べた事で、血糖値が下がり無事退院する事が出来ました。2度目の入院時には最初から分食をお願いしましたよ。

ネットを見ていると、同じようにお米を沢山食べさせられるのに疑問を感じているという人が沢山いました。先生によっては、それでも食べるように言う人も居るようですが、ぜひ疑問があればご自身の先生に確認を取ってみて下さい。

終わりに

妊娠糖尿病の入院中には、「どうやったら血糖値が下がるんだろう」「とにかく入院生活が嫌!」「早く帰りたい」「不安で泣きそう」「これからどうなるの」等色々な感情に襲われると思います。

血糖値を下げる事はもちろん大事ですが、血糖値を安定させる事に夢中になり私のように切迫にならないように気をつけてください。

入院中に、どんな物が自分にとって血糖値を上げる食べ物なのか等が分かるようになってくるので退院後の生活の為に研究すると良いと思います。

  スポンサーリンク


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。