• 投稿日:2017.9.8
  • 生まれました!~37週で怒涛の出産 男の子の母になる はコメントを受け付けていません。

生まれました!~37週で怒涛の出産 男の子の母になる


全開なのに分娩室から追い出されピンチ。最大の波を逃す私。

本日、出産致しました~!予定日よりも2週間ちょい早い出産でした。

助産師さん達からは、スピード出産と言われましたが、私的には壮絶な出産でした。

そんな、産みたてホヤホヤの私の出産劇を記憶が薄れぬうちに書いてみようと思います。

経産婦の皆さん、気をつけて!その時は突然やってくるよ!

水風船が割れたのか?破水の勢いが凄まじい。

朝の7時45分、何かお腹が痛いな~と思い起床。立ち上がりスマホを取った瞬間、尿漏れか!!止まらないぞ!?と思ったら破水でした。

旦那さんが、「パシャッ」って音にびっくりしたと言っていましたが私の方は漏らした感覚の方に意識がいっていたので、音には気づかなかった。

長女の時は、爆発音のような「ポン!!」という音と共に破水した事を覚えています。

2回共に破水から始まった私のお産。

病院へ向かう為、アパートの階段を下りる段階ではチョロチョロとした漏れ感だったので、問題なし。お腹の痛みも治まり、とりあえず娘を実家に預けて病院へ出発。

40分かけて病院に到着。破水しているけど、通常通りの病院の受付をして診察台へ。

入院手続きをして病棟に向かいました。この時点で子宮5㎝開いていました。

分娩室へ入るも痛みが弱いな~と思う経産婦な私

分部室に入ったのが、9時半頃でしたがその時点では腰が少し痛いだけで今から来るであろう恐怖の陣痛に怯えていましたが、なかなか痛みが強くなりませんでした。

微妙な痛みのまま11時40分を過ぎようとしたころ、赤ちゃんがおりてきやすいように、胡坐をかいて座る事に。そ

うする事陣痛が進むと思いきや、更に痛みが遠のいていたので、自ら「この体制になってから痛みが弱くなってる!」と申告。

娘の時も全く同じ状況で痛みが遠のいてしまった事を思い出し、これはマズイと思った私。

「子供がおりてきやすいように歩いてください」と指示されトイレに行くよう促されましたが、足をベッドから降ろした瞬間、痛みが強くなり始める。

「歩くなんて無理です!」と拒否する私。横向きでベッドに寝て、少し強くなってきた痛みを感じる私の耳元で恐怖の指示が飛び交いました。

別の妊婦さんが先と判断され分娩室から追い出される私

 

旧盆があった先週から恐ろしい程の出産ラッシュなようで、私以外にも4人の人が陣痛中でした。思ったより私のお産が進まないと判断されて、「〇〇さんが先に生まれるはず!メリコさんは病室へ移動させて!」

おいおい、嘘だろ~!!と私の心が叫びます。タンカーに移動させられ、分娩室を出て廊下に差し掛かった所、これはイキミたい!!ヤバい!!生まれる!

と突然状況が変わってしまった私。もう、こみ上げてくるイキミを押さえる事ができない。病室に到着した時に、「これは、イキミがきてる!我慢は無理」と叫ぶ私。

焦る助産師の皆さま。さっきまでの私の表情と違う事に驚き、「戻して!!メリコさん、このままだと病室で産むよ!!」と言う、メインの助産師さんの号令でまた元の分娩室へ移動する私。

その時の心境は、地獄でした。もう1回波が来たら私は抑えられない。

分娩室を1度出た為、また用意が必要になり我慢させられる私

分娩室に戻り、台に自力で上がれるか聞かれる。そんなの無理に決まってます。

今回、助産師希望の学生さんと一緒に産む事をOKしていた私。ちょっと後悔してしまいました。

この助産師のたまごさんが、手袋をしたりエプロンをしたりするのを待つ時間が必要で、彼女も焦りからうまくつけられません。

その時、本日MAXの波が来た!!だけど、逃せという指示。。。。。

この一発できっと息子は本当であれば生まれていたでしょう。

そんなこんなしていると、大波だった勢いが、小波になってしまっていたのです。

大波を逃してしまった私は、小波でも何でも生まなきゃ!と思い、力を入れるも大波の時は勝手に入る力が入らない。。。

無理やり力を入れて、良く分からないけど2~3回で産みました。

生まれた時間は、12時40分。部屋を移動したり何だかんだした時から、10分位で生まれました。

生まれたけど、泣くのが遅くて焦る

生まれた瞬間に泣き声が聞こえない。「泣いてないけど!」と何回か言ったら、小さい声で「にゃ~」と泣きました。娘の時の大声違っていた事がちょっとショックでした。

どうやら肺に羊水が入っていたようです。その後に大声で泣いておりました。

胎盤が折曲がっていて、出てこない事件

胎盤がなかなか出てこないので、びっくり。どうやら中で折曲がっているとの事。お腹を押されたりで大変でした。

研修医も中に入っていたので、珍しい曲がった胎盤にみんな注目して処置を見ていました。みんな、頑張って良いお医者さんになってくれよ!!

私、こんなに恥ずかしい思いをしているんだから・・・・

中々胎盤が出てこないので、後陣痛が怖い私はしきりに痛み止めを要求!!

前回は、飲み薬でしたが今回は痛み止めの為の筋肉注射をしてもらいました。筋肉注射痛いけど、陣痛に比べたら屁でもない!

そんなこんなで、私の出産は終わっていきました。

まな板の上の鯉状態で、研修医、看護学生に色々見られる私。不育症の私が出産出来たのはどこかの誰かが、同じように研修に付き合ってくれたからだと思っています。

研修医だった私の先生や助産師さんに、経験値をくれた誰か!ありがとう!!

その誰か分からない人に、直接のお返しは出来ないのでこのように研修医や看護学生を受け入れている私です。

今日の私の出産での経験が、未来の誰かの助けになりますように!

壮絶、怒涛の出産劇でしたがスピード出産だったので良しとします。本当に分娩室を追い出された時はヤバかった。

これからは、2人の子供の母として頑張ります。


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。