長男の退院~2歳2か月の娘との初対面。チャイルドシート問題


長女の第一声は「赤ちゃん~!可愛い~」

今回は4日間(産んだ日を含めると5日)の入院でした。その間、義実家でがんばっていた娘さん。

出産日の朝も娘が起きる前に、病院へ行ったので、4日間も会っていなかったので、私に対してどんな反応をしてくれるかな~と楽しみだったり、生まれたばかりの弟を受け入れてくれるかな?という心配もありましたが、結果オーライな感じだと最初は思いました。

そんな初対面の日のお話しです。

  スポンサーリンク

久しぶりに会った娘は「よその子」になってました

退院してすぐに、義実家に向かいました。疲れてるけど娘を迎えに行かなければ~!!と。

お見舞いに来る人には「入院している間は上の子が気になってしかたないでしょう?」等と言われましたが、正直全く気にならないという私の薄情さ。

母性本能とか人より無いのかもしれないな~と日頃から思っていましたが、娘と久しぶりに再会して顔を見た時に、ちょっと泣きそうになる自分が居て、私にも母性本能があったんだ!とちょっと安心しました。

そんな中、久しぶりに会った娘は「おかーさん」と笑顔。

だけど、何だか雰囲気が4日で変わっていてまるで、よその子なのか?という違和感を感じました。それほど、義実家に馴染んでいたのかなと思うと安心ではありますが、寂しさも覚えました。

恥ずかしそうに口に手を当てて、弟を大歓迎な娘。

旦那さんが抱っこしていた、息子を娘に見せた所、「あ~、赤ちゃん、可愛い!赤ちゃんだね!」と口を押えて、嬉しそうでした。

そもそも、赤ちゃんという単語をいつの間に覚えたんだ!という疑問。

どこからか降って沸いた弟をあっさり受け入れてくれました。

可愛がるのは良いけど、触りたがって大変!!

赤ちゃんを触りたい欲求が強い娘。「赤ちゃんだね~」と言いながら、頭をなでなで。

何度も頭を撫でに来る。。頭を触るのは勘弁してほしいけど、強くしかると捻くれてしまうので、しかれない。

赤ちゃんに興味深々の娘さんなので、赤ちゃんも娘も目が離せない状態になってしまいました。

帰る時に赤ちゃん用のチャイルドシートに乗ろうとして号泣

娘のチャイルドシートは現在コンパクトな物に付け替えました。(上の写真のシート)今まで乗っていたチャイルドシートを赤ちゃん用にする為です。

【チャイルドシート】トラベルベストEC フィックスはスリムで車がスッキリ
2才の娘用にチャイルドシートを購入したので、古い車につけてみた2人目が生まれるので、現在使用しているのでチャイルドシートを下の子用にしないといけないので、2歳の...

 

新しいチャイルドシートがお気に入りだった娘なのに、赤ちゃんに取られるのが嫌なのか、赤ちゃん用のチャイルドシートに乗ると号泣。

義父や義叔母、祖母がその場で色々、口を出してきて余計に言う事をきかない娘。

産後の血の巡りが悪い私は、娘に対して「じゃあ、帰らなくていい」とマジギレ。

そんなに怒らなくても・・と言わんばかりの義実家の人々。

正直「お前らが見てるから我がままするんだよ!!」と言いたいけど、4日も、娘が世話になったばっかりなので言えないし。

1番いらっとしたのは、娘が号泣する中、義叔母に「チャイルドシートを後ろに2台置くなんて、おかしい」「助手席と後ろに1台づつにしなさい」と言われた事にムカつきました。

サイドエアバックが付いているので、助手席に装着すると危ないんですけど!と思ったり。説明書にも助手席禁止と書いてある物なので。助手席に置くかどうかは、私が考える事であって、何で関係ない人に口出しされなければいけないんだ!!

という事件があって、義実家にしばらくは、行きたくないと思いました。

4日間、面倒をみてくれた義母には感謝はしています。

 

今回思った事

  • チャイルドシートは、2人目妊娠初期から2台目を買うべきだった。(1台目の存在を忘れてくれたはず)
  • 赤ちゃんからチャイルドシートにのせて、娘を後で乗せれば泣いてても、すぐに出発できた
  • 義理立てして、義実家に退院後は行ったが無理して行く必要はなかった。(沖縄的に、仏壇への挨拶をしに行った・・・)

終わりに

弟を受け入れてくれたのは良かったですが、結果的に疲れた1日目でした。本格的に4人家族としての生活が始まりますが、色々と想定してなかった事が起こるのかと思うと、心配です。

2人育児で弱音を吐いてたら、世の中のお母さん達に怒られそうですね。とりあえず2人目育児の新米として色々頑張りたいと思います。

 

  スポンサーリンク

 


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。