• 投稿日:2016.8.3  最終更新日:2016.8.19
  • 【1歳1ヶ月】昼夜逆転のループにハマらない為には?!朝まで起きてる娘に撃沈 はコメントを受け付けていません。

【1歳1ヶ月】昼夜逆転のループにハマらない為には?!朝まで起きてる娘に撃沈


徐々に狂った時間。朝の5時まで元気な娘

この数日、辛かった・・・。娘の昼夜逆転生活に付き合っていたので、体力の限界でした。本日やっと22時に寝てくれたので、少しづつ元に戻ると期待しています。日頃から規則正しい生活をさせてあげられていない事にも反省。逆転生活になってしまうきっかけや、させないコツなどに注目してみました。

起きる時間がずれると負のループにハマる可能性大

朝起きる時間がずれる事で、昼寝の時間がずれて、夜に寝る時間がずれる。これを繰り返していると、段々と昼夜逆転になってきます。これがごく一般的で単純なケースです。

我が家はまさにこれです。ちょっとずつ起きる時間がずれている事に気づかず。更には、夜の10時に寝て朝の4時に起きて遊んだあげく6時にまた寝てしまい、起きたのが12時過ぎになってしまった日もありました。そんな事などもあったので、時間がめちゃくちゃになり結果、朝の5時まで眠らないという事態まで発展してしまいました。

体調を崩した後は要注意!油断すると負のループに。

体調を崩すと、昼夜関係なく寝て体力を温存する為、体内時計は夜がいつなのかを忘れてしまいます。その為、夜に体調が回復すると元気になってそこから元気になり、遊んだりしてしまい昼夜逆転のループに突入するという訳です。え

普段の生活で昼夜逆転に陥る可能性のある行動

日常生活に潜む、昼夜逆転のきっかけになる行動を挙げてみました。普段の行動にも気をつけましょう。

1.夜にコンビニやスーパーなどの明るいお店に連れていく

沢山の蛍光灯が使われているコンビニやスーパーは明るすぎるので刺激になり眠る時間を遅らせてしまう可能性があります。

2.寝る3時間前にテレビを見せている。

テレビやスマホなどは目を刺激すると言われており、大人でも寝る前には見ない方がよいと言われている程です。

3.お父さんと夜遅くから一緒にお風呂に入っている。

お父さんにお風呂に入れてもらう事は、子供とのコミュニケーションとしてとても良い事ですが、夜遅く帰ってくるお父さんを待って一緒に入れるのは避けましょう。寝る2時間前までにはお風呂に入れて寝る準備をしましょう。

4.太陽の光が入らない部屋で午前中に遊ばせている。

午前中に太陽の光を浴びせるのは、体内のリズムを整えるのにとても有効です。カーテン越しでも光は入ってくるので、なるべく明るい部屋で遊ばせるようにしましょう。

5.両親の就寝時間が遅い

両親の就寝時間が遅いと自然と夜型の生活になってしまうようです。我が家も注意が必要です。。

6.朝起きる時間がバラバラ

起きる時間をきちんと決めないと体内時計がきちんと働かず、ちょっとした事をきっかけにすぐに昼夜逆転してしまいます。

7.昼寝の時に暗い部屋で寝かせている

昼寝の時に、まぶしいと可愛そうという理由から部屋を暗くしがちですが、外の明るさと合わせる事で体内時計を正確に働かせる事ができます。

8.15時以降に昼寝をさせている。

15時以降に昼寝をさせると、その後に相当疲れないと早く寝る事ができません。自然に寝かせる為にも15時以降の昼寝はひかえましょう。

9.夕食の時間が遅い

消化の時間も考え、寝る2時間前には食べ終わるようにしましょう。

逆転生活にならない為にも、ずれを最小限で抑える

寝る時間がずれそうと思った時にはおもいっきり体を動かして疲れさせる事が有効です。また、家で蛍光灯と間接照明がある場合は、夕方からは関節照明に切り替えてゆったりとした雰囲気づくりをすると眠くなるのが早くなるようです。

1.朝起きる時間がずれた場合

外で遊び疲れさせて、昼寝を通常通りの時間にする。または、昼寝の時間を早く切り上げる。

2.昼寝をしすぎた場合

昼寝の後に、外遊びや家の中でも踊りなど体を動かす遊びをして疲れさせる。お風呂などはぬるめのお湯につかりゆったりとした雰囲気を作る。

ストレスで昼夜逆転する子供達

まだ上手く、自分の思いを伝えられない1~2歳の子はストレスから昼夜逆転するケースもあるようです。「沢山かまってほしい!」「思い通りに手で物がつかめない!おもちゃで遊べない」というようなストレスもあるので、一緒に遊んであげておもちゃの使い方を教え、ストレスを解消してあげると、満足して寝るという事も多々あるようです。

今回我が家がとった行動は、歩かせて疲労作戦

ショッピングセンターで歩き → ごはん →お風呂 →お父さんと遊ぶ

体調不良になったら怖いと思って、早く起こす事はせずたっぷり寝かせました。結局午後の2時まで本日は寝ていました。その後、ショッピングセンターに行って歩かせました。外で遊ばせたい気持ちはあるのですが、蚊が多いのと紫外線が強すぎるので外は夕方じゃないと地獄です。あまり家の外では歩いてくれない娘ですが、本日はショッピングセンターの中をうろうろして体力を相当消耗したようです。寝る前にはお父さんと沢山遊んで満足して寝ました。

おわりに

昼夜逆転は、親も子も結構大変ですよね。負のループにハマらない為にも、普段から起床の時間や寝る時間、ごはんの時間をきちんと決めて行動してあげる事が重要だと思います。私自身が夜型人間なので早寝早起きをできるように生活改善をしていきたいと思います。


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。