【沖縄の9月生まれ】新生児の服装はこんな感じ


沖縄と本土では、気候が違うので育児書通りにならない

新生児の服装ってどうしてますか?という悩みというか疑問は、誰しも持つ事でしょう。そこで、育児書などを参考に買い物をしますよね。

「〇月生まれの子の場合は、これをそろえればOK」というような記事を参考に用意すると思いますが、沖縄の場合はそれでは季節はずれになってしまい参考にならないのが現実です。

我が家の場合、新生児の服装はこんな感じにしています。沖縄の方の参考になればと思い書いてます。

 スポンサーリンク

コンビ肌着+おくるみorバスタオルでOK

 

沖縄の9月は8月とそこまで温度も変わらず暑い!室温も30度以上です。

その為、エアコンで室温を26~28度に調整をします(クーラー代が高い!)

通常であれば、短肌着を着せるとは思いますが、上の子の時に短肌着を着せたら、抱っこするにもズレあがり、しょっちゅう肌着の乱れを直さないといけなくて面倒でした。

そこでコンビ肌着1枚にする事にしたら、股の部分にボタンが付いているのでずれ上がる事もなくお腹が出る事もないので楽ちん。

そこで私の場合は、コンビ肌着におくるみかバスタオルというスタイルになりました。

病院では、長肌着+バスタオルが基本スタイルでしたよ

私が産んだ病院では、長肌着にバスタオルスタイルでした。室温を25度~28度に調整していて、寒いと思った時は長肌着+おくるみ+バスタオルで調整していました。

長肌着の場合も、短肌着程ではありませんが、ズリ上がるのが少し面倒でした。

生後7日の長男は、コンビ肌着+おくるみで対応

エイデンアンドアネイ Aden + Anais オーガニックモスリンコットン おくるみ

今現在は、コンビ肌着を着せておくるみ1枚で調整しています。

おくるみは大判のエイデンandアネイの物を使っています。寒そうな場合は重ねる事で温かくなるし、娘の頃から重宝しています。

柄は男女で使えるように鳥の柄にしました。

冬は風よけになり、夏は日よけになるし、かさばらず色々なシーンで活躍するので本当に便利です。

終わりに

初めての出産の時は、本の通りに必ず短肌着を着せないといけないと思い込んでいましたが、短肌着と洋服の重ね着をするとあせもが出来たり大変でした。

それぞれの地域の気候にあわせたり、自分の着せやすい物を着せたりと、決まりは無いんだなと思いました。

私的にはコンビ肌着がおすすめです。

 スポンサーリンク


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。