【絵本】「はらぺこあおむし」で2歳児大喜び。長年愛される理由分かるわ~


やっときた絵本ブーム、2歳と0歳二人ともハマり中。

小さい頃から、沢山絵本を読むと良いと言われますが、あまりハマる絵本がない娘。

絵本が嫌いという訳ではないようですが・・・。

そんな娘が、『はらぺこあおむし』に大ハマり。

以前ハマったムーミンの絵本以来のハマりっぷりに驚きです。

絵本に興味を示さない!というお子さんにおすすめ。

流石だなぁと、はらぺこあおむしにビックリです。

ちなみに、ムーミンの絵本はこちらです↓↓↓ 

 

【絵本】「ムーミンの ゆびで たどろう! えさがし えほん」がおすす

 

繰り返される魔法のフレーズ

私も子供の頃に読みました。私自身、好きだった事を覚えています。

あおむしが誕生から蝶になるまでの単純はお話しなのですが、何だかすきでした。

今改めて見ると、子供が楽しいと思う要素が沢山あるな~と感心。

ちなみに私の娘は『おなかが、ペッコペコ』というフレーズが繰り返される度に大喜び。

数回読んだ後からは、『おなかが』と私が読むと、『ペッコペコ』と言って大笑い。

最近は、『おなかがすいたー』と自らアピールするようになったので、あおむしの気持ちが理解しやすいようです。

最近の口癖も「おかーさーん、○○(娘の名前)はお腹がぺっこぺこよ~」です。

勉強にもなります

あおむしが食べる所で、

『月曜日、りんごを1つ食べました。』『木曜日、イチゴを4つ食べました』というフレーズと、その果物の絵が描かれています。

娘はかならず、『いち、にー、さん、よん、イチゴ4つ!』と指さししながら数えてくれます。

絵本の影響で、数を日常的に数えるようになってきました。

今までは、階段を上り下りする時だけでしたが、「数」が何なのか理解し始めてるような気がします。

また、曜日の勉強や食べ物の種類を覚える勉強にもなります。

自然と、曜日や数が頭に入ってくるのが親としてはあり難いですね。

カラフルな世界観がお気に入り

  • 物語に入る前のページの色をみて、『あか、あお、ピンク!』と楽しそうです。
  • ちっちゃかった青虫が、途中で絵本の1ページ分の大きさ成長する所は怖いようで、ビビりながら見てますが、なんだか嬉しそう。
  • あおむしが蝶々になる所は、絵本の見開きいっぱいの大きさに蝶々が描かれていて、その迫力がすごい。色もカラフルでお気に入り。

 スポンサーリンク

終わりに

はらぺこあおむしは、私も子どもの頃大好きな絵本の1つでした。あれから30年以上経過しても読まれてるなんて、ロングセラーだわー、と感心。

そして、有名で人気のある絵本にはやはり、魅力がある!と再認識。

0歳の息子は、2歳の姉が夢中になっているので一緒になって見ています。2人共に読み聞かせに集中してくれるので、今のタイミングを逃す事なく、絵本を沢山読んであげたいと思います。

とりあえず、100冊くらいを今年の目標にしようかな・・・(少ないかな?)

まずは、お気に入りを探す為、図書館に行ってきます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へにほんブログ村

【絵本】「ムーミンの ゆびで たどろう! えさがし えほん」がおすす


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。