staubで、チャーシューを作る。小さめチャーシューには18㎝のストウブで


チャーシューをストウブで作ったら、いつもより色々よかった

今週は、夫週間な我が家。(誕生日weekです)

意地悪妻な私ですが、夫週間だけは好物を作ってあげよう。と言う事で・・・

毎年、作ってるのですが夫はきっと気が付いていないと思います・・・・(悲しい)

去年までは、ルクルーゼの22センチで作っていたのですが、今年はストウブ18㎝で作る事に。

私のチャーシューは400g以上、500g未満

 

上の写真は、出来上がってカットした所ですが、かなり写真写りが悪い。実際はもっと美味しそうですよ

22センチのルクルーゼでももちろん簡単に作れますが、鍋に対して肉が小さかったかな。

私のチャーシューを作る時の決まり事。

  スポンサーリンク

400g以上の肉を使う事。

昔、男子ごはんという料理番組で料理研究家のけんたろうさんが、言ってたんです。

「400g以上の肉でチャーシューは作って」的な事を。

これ以下のサイズだとパサパサになる事が多いようです。

私はこの言葉を忠実に守ってるんです。

おかげ様で、いつも柔らかしっとりチャーシューですよ。

ストウブだと煮込み時間は20分

 

22センチのルク時代は、落し蓋をして40分煮てました。

ストウブの場合は蓋をしたら20分火にかける。

あとは冷めるまで放置。

メッチャ楽。

ガス代も節約になります。

チャーシューこんな感じで作ってます

 

  1. 豚肉に穴を開ける。フォークや菜箸で適当に。
  2. タレに漬け込む。30分
  3. ストウブに肉を入れ表面を焼く
  4. 3にタレを入れ沸騰させる
  5. 沸騰したら蓋をして弱火で20分煮る
  6. 火を消したら、さめるまで放置

※タレは肉が浸かる量を用意

※肉は400g以上500g以下を使ってます

グーヤーかBロースで作ります

 

本土出身の元同僚に、何の肉でチャーシュー作ってるの?と聞かれたので

『大体はグーヤー、たまにBロース』と言ったらハテナ顔をされました。

方言とは知らなかったー。

そして、沖縄では『豚は鳴き声以外は食べられる』と言われる程、色んな部位を食べます。

グーヤー自体、本土ではポピュラーではないと言われてビックリ。

美味しいよ。

ちなみに、グーヤーは、前足の付け根の方の肉

Bロースは肩ロースの事です。

私は大体グーヤーを使います。赤みが多いですが、味がある部位です。

今回はBロースですけどね。

肩ロース(Bロース)のチャーシュー完成

大体は、チャーシュー丼にして食べますが、端っこは小さくコロコロに切って、チャーハンに入れます。

2歳の娘がよく食べてくれます。

終わりに

難しくもないけど、豚肉が安い時にしか作りたくないメニューなんですよね。

今回は、ちょうど安かったので良かった。

夫週間、色々やらなきゃ。

旦那の誕生日が終わると、今年も半分終わったなーと悲しくなる私です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へにほんブログ村


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。