1歳のおもちゃ~一人遊びのおもちゃデビューは「コップかさね」で決まり


コスパは最高、子供の満足度の高いおもちゃ。買って損はない!

どうもこんにちは。1年が過ぎるのは早い。

我が家の息子が、いつの間にか1歳になっていました~(最初の3ヶ月は異様に、時が経つのは遅かったけど)

そんな息子も、指先を動かす練習の第一歩として「コップかさね」デビューをしました。

今までも、コップかさねで遊んでいましたが、お風呂で水を入れて遊んでただけ。

コップかさね本来の遊び方を教えて、絶賛練習中です。

娘の時にも大絶賛したこの「コップかさね」ですが、やっぱりこのおもちゃは素晴らしいですよ。

ちなみに、娘が1歳の時にもメリットやデメリット等、色々書いております。

1歳1ヶ月 おもちゃに迷ったら「コップかさね」に決まり

本日は、そんなコップかさねについて、改めて素晴らしいと実感したので書きたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり必要だと実感した「コップかさね」

娘の時には、1歳になる頃に本来の遊び方を教え、1歳2か月になる頃にはマスターしてました。

ですが、息子の場合は面倒になって・・・・

適当に色んなおもちゃで遊んでるので「教える必要ないや」と放置してました。

ところが、我が家にあるおもちゃ(サイコロの積み木・レゴデュプロ・学研のブロック)はみんな積むのが基本。

やっぱり遊び方の基礎として教えるべきだな!と実感。

しかも、1歳半の検診で積み木を積めるかのテストがあるし・・・・

息子に「コップかさね」のつみ方を教えてみる。

1回目は私が見本を見せ、2回目は、娘(3歳)がみせました。

そこで「積む」というルールが分かったようで、自分でチャレンジしますが、なかなか難しい。

イライラして何度も、コップを投げたりしましたが、数分後にやっと1つのコップを重ねる事ができました。

1つ重ねる事が出来た事で、息子のやる気アップ。

重ねた時に鳴る「音」で子供はハマる

コップがきちんと重なると、「カチッ」というような音が鳴ります。

溝があるので、綺麗にハマります。

そこで、きちんと重ねるという意味が理解できるようになります。

その後からは、もうドハマリ。カチッとなる場所を探しなら必死で重ねます。

つみあがった時の達成感は半端じゃない

初めて積む時には、ビデオカメラやスマホで動画を撮る事をおすすめします。

その位、子供の高揚感がすごいんです。

息子も、娘も凄い勢いで喜びました。

ブロック遊びが出来るようになる為にも、「コップかさね」が必要

息子は学研のブロックが大好きですが、やり方が分からないし難しいと思います。

最終目標が学研のブロックとして、その為の最初のステップが、コップかさねだと思っています。

[ステップ1]

コップかさねで、積むを覚える

[ステップ2]

アンパンマンブロックで、凹凸ときちんと形を合わせる事を覚える

レゴデュプロより大きいのでつかみやすい。

[ステップ3]

レゴデュプロで、色んな形の積む・凹凸を覚える

[ゴール]

学研のブロックで、立体的な積む、繋げるを覚える。

↓我が家はこれで遊んでます。

娘の時の経験を踏まえ、この順序で教えようかと思っています。

終わりに

そもそも、このおもちゃは親友から「絶対子供は好きになるから遊んでみて!」ともらったもの。

そんなおもちゃですが、今は私が周りの人に勧めています。

子供のやる気を引き出すおもちゃだと思います。

おすすめなので、ぜひ遊ばせてみて下さい。

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へにほんブログ村


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。