山口恵以子さんの小説にドハマり中。食堂のおばちゃんシリーズの飯テロ感はすごい。


「コメンテーターやってる人」って認識だったので、びっくり。この方の本は面白い

小さい頃から、読書とは無縁だった私ですが、去年の8月から読書を習慣にするべく、ハビットトラッカーを始めた事で、読書が習慣になりました。

そんな私は、自己啓発本や実話しか読む事がなかったのですが、柚木麻子さんの本をきっかけに、小説を読むようになりました。

そんな私が、柚木麻子・増田ミリ・群ようこさんに続きハマった作家さんが

山口恵以子さんです。

この方、ワイドショー等のコメンテーターだと思っていたら、作家さんだったんですね。

今回は、山口恵以子さんの小説から、私がハマってる本のお話。

  スポンサーリンク

食堂のおばちゃんシリーズ

 

食堂のおばちゃんシリーズ、私がブログを書いている2019年2月時点では5作あります。

まだ、私は2作目までしか読んでいませんが、まー面白い。

上の写真は、2作目の恋するハンバーグです。

この本は、「はじめ食堂」という食堂が舞台。

1作目では、80代の姑とそのお嫁さんが営む食堂のお話しなのですが、2作目になると1作目で80代の姑が10代にまで遡り、はじめ食堂が開店する前に遡ります。

なんか、80代のおばあちゃんの青春時代を垣間見る感が、ものすごく良いんですよ。

1人の女性の人生を少しずつ見せてもらってるというか・・・・。

そして何より、その飯テロ感がスゴイ。

出てくる食べ物が、全部おいしそう。

切ってる音や、匂いが感じられるんですよね。

おまけに最後にレシピも載ってるという面白さ。

食堂メッシタは、何だか高級そうな飯テロ小説

何だか高級そうというのは、メッシタという食堂がイタリアンだから。

この小説は、食堂メッシタというお店の主人の半生を描いたお話し。(子供の頃の話は少な目ですが)

バイタリティ溢れる主人公で、結末は分かっているのに、主人公が成長していくのを見るのが何とも面白い。

物語はフィクションですが、実在したお店と人物がモデルになっているのがまた面白い。

読んだ後、とても元気になるお話し。そして、相変わらずの飯テロ感。

ぜひ、元気をもらいたい時に読んで欲しい本です。

映画化するなら、荻上直子監督でよろしく。

勝手に、映画化して欲しい!何て思っちゃったりするのですが、ドラマ化でも良い。

どうせなら、「かもめ食堂」「めがね」「トイレット」等々の作品でおなじみの荻上直子監督で

映画化して欲しい。

きっと、料理が美味そうな飯テロ映画になるはず!

そして、この本の良さがきっと映画でも発揮されるのではないか!

食堂のおばちゃんシリーズは、かもめ食堂が好きな人は好きなんじゃないか?!と

私は思っております。

是非、お好きな方読んでみて下さい。

終わりに

昨年の8月から読書を初めて、面白い本に沢山出合いました。

本1冊でこんなに、心がウキウキ明るくなるんだな~と、読書の楽しさを今更噛みしめております。

読書初心者ですが、面白かったな~と思った本を少しずつブログで紹介できればと思っております。

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へにほんブログ村


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

名 前:meriko(メリコ)

年 齢:36歳

家 族:夫、娘(2歳)息子(0歳)

所在地:沖縄

日々の生活の中で小さな楽しみを探しながら、2歳の怪獣と、のほほん夫と共生中。40歳になった時に、楽しい30代だった!と思える事が目標。